読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネテモサメテモ

強がったポーズの女の子

遺伝子検査から考えたことなど

死産した子には先天的な異常があったため
胎盤と臍帯を検査にだしました

昨日、死産から2週間後の検診に行ったら

遺伝子検査の結果報告にはまた2週間後に
ご主人と来てくださいとのこと

ビビりのわたしは、
もうすでに結果は出ているけれど
悪い結果だから夫を同席させるのでは?
と今から怯えています

でもわたしが調べたところによると
あしたが持っていた疑いのある
ダンディウォーカー症候群は
遺伝性は少なく孤発例が多いとのこと

わたしの遺伝子異常による
遺伝でなかったらよいのですが…

もし遺伝だったとしたら
今後の遺伝子異常による死産の可能性が高い

でも、あの悪阻と死産を繰り返すのは
さすがに辛すぎる…ううう

着床前診断とか里子とかの今後の可能性も
考えた方がいいのかな、と
そういうサイトやブログを見て回ったりしてます

結果が出るのがこわいなぁ

【追記】

3月8日 結果がでました

あしたには遺伝子異常は見られなかったとのこと

よってその両親であるわたしたちにも
遺伝子異常はないであろうということで

次の妊娠で流産や死産を繰り返す確率は
低いだろうという見解でした

結果にはほっと安心しましたが
複雑な気持ちにもなりました

今回結果が出る前に色々と調べたことで、
自身に遺伝子異常があり
それでも子どもがほしいと
辛い治療をしたり、里子をもらう決断をしたり
そういうひとたちの存在を知ったから

でも知ったことにはなにか意味があるかも
少なくともそういう人たちがいることを
わたしは知ったわけで
知っている人なりの言動をしていかねば、
とおもいました

悪阻が酷かったときや
死産したときにもおもったけれど
弱者やマイノリティの声はなかなか聞こえてこない

自ら知って、調べないと
その実情を知ることは難しい

そしてそのきっかけは、
自身や周りのひとが当事者になること
それまでは無関心でしかない

健康で健全なのが当たり前のこの社会

健康で健全なのはもちろんよいことだけれど
そういうひとたちこそ
弱者やマイノリティの声に耳を傾けて
そういう人たちの存在を知って
尊厳を尊重してほしいな、とおもいます

決して無神経な人間にならないように
そのためにも知識と見聞の幅を広げたいな