読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネテモサメテモ

強がったポーズの女の子

アンジュルムとわたし その2(魅力)

さて前記事にも書いたように
アンジュルム推し歴5年のわたし

スマイレージを知ったきっかけは
YouTubeでPVを見たことからでした

f:id:bo-ya119:20160602201529j:plain

もともと、スマイレージを好きになる前に
ももクロが気になってまして(6人時代)

あかりんが好きだったのですが、
2011年4月に辞めてしまい…
推しがいなくなったな~と思いつつ

動画あさりをしていて、
関連動画から行き着いたのが
スマイレージだったのでした

何を隠そうハロプロ全盛期に
小学生だったわたし
まずは楽曲に惹かれました
ばっちばちのつんくサウンド!

そして4人の女の子!
かわいい!きらきら!女の子!って印象でした

スマイレージの楽曲って
特に4人時代はキャッチーでポップで乙女で
わたしは小学生のころ、たんぽぽが好きで、
スマはなんとなくたんぽぽっぽい…と思ってた

それから2期のオーディションを
リアルタイムで見て、
タチアガール」が、またユニーク楽曲でいい!

当時、2期はほんとにいもっぽくて、
かわいくない!でもそこがいい!!って、
すごいスルメな感じでした

見れば見るほど惹かれる、みたいな

でもわたし、アイドル好きになったのが初めてで
現場に行くのはちょっとびびってました
ヲタと渡り合えるのだろうか…と

邦ロックのライブには
当時、月1本くらいのペースで
参戦してたんですけどね

アイドルは、また畑違いだから、
とおもってました

そのため、
わたしが行った初めてのスマイレージのライブは
2012年11月「ちょいカワ番長ツアー」の
千秋楽、Zepp Nagoyaでした

タチアガール」のあとも、
「プリーズミニスカポストウーマン」
チョトマテクダサイ
「ドットビキニ」
「好きよ、純情反抗期」と、

わたしのつぼにめちゃくちゃハマる
良曲を連発され、も~辛抱ならん!
といった心持ちでした

わたしは中3のときに初めてライブに行ってから
趣味?ライブ!という生活を送っていましたが
このときが初めての遠征でした

そして初めてのアイドルのライブ…
Zepp Nagoyaでは女性限定エリアで観戦

女限がとてもいい位置にあり、
よく見え、よく聴こえ、
物怖じすることなく現場を満喫しました

感想はただ一言
「CDとまったく同じ!!!(驚愕)」でした

だってだって
すごく激しいダンスに加え、
会場を端から端まで走り回って、
それなのに、え、これ生歌!?ってくらい
歌唱が安定している!!

これにはほんとにびっくりでした

こんなクオリティの高さある!?
こんなコスパいいライブ、他にある!?
と、本気でおもいました

それに加え、あのアットホームな雰囲気!
おじさんも若い女の子も、
みんなにっこにこしてて、目を輝かせてて、

コール打ったり、推しジャンしたり、
歌を口ずさんだり
そのふしぶしに愛が溢れんばかりなんです!!

わたしはハロコンとか
他ハログループのライブにも参加してますが
あんなにあたたかい空気の現場は
アンジュルムだけです

ヲタがつくってる、あの優しい雰囲気が
ほんとにたまらなく好きで、
スマイレージの現場に通うようになりました

それからアンジュルムの、
メンバーの仲のよさも大好きです

いつもわちゃわちゃ賑やかで、
遠慮がなくて、楽しそうにじゃれあってる

ひとりひとりが個性豊かで
それがそのまま受け入れあえている関係
とてもいいグループだなぁ、と

あれだけ仲良しだったら、
惰性でパフォーマンスの質が落ちそうですが、
そこは互いを高めあって、
パフォーマンスは高まる一方

ライブのたびに、
メンバーの成長に驚かされます

ほんと、親のような気持ちで
その成長を見守るのが、
ドルヲタの醍醐味かもしれません

そんななかでもやっぱりハロプロ

まずは動画を見てみてください(^^)


アンジュルム『次々続々』(ANGERME[One by One, One after Another])(Promotion Edit) - YouTube

【総括】
 アンジュルムは、楽曲がよくて、
 メンバー同士のわちゃわちゃがかわいい、
 それでいてパフォーマンス抜群の
 ハロ屈指のアイドルグループです!