ネテモサメテモ

強がったポーズの女の子

悪阻でとれる仕事の休み【悪阻入院5回目記録】

今回、前科もあるということで、

(一度目の妊娠で、死産するまで

    悪阻のぶり返しが幾度か続いて、

    結局復職できなかったこと)

 

上司からのすすめもあり、

産休まで休職することになりそうです

(悔しくて泣きましたが、

    職場側としてもそちらの方が

    対応しやすいですもんね…)

 

 

今まさにその手続きを進めていますが、

これまでにわたしがとった

悪阻による休みについて、

まとめてみようと思います

 

前提として、わたしは地方公務員です

そのため、かなり恵まれた環境にいます

そのことも加味した上で、

ご参考にしてもらえればと思います

 

① 有給休暇

単発で休みをとりたいとき、

まず使うのは有休かと思います

わたしの場合、1年に20日、有休がとれます

年末で新たに20日の付与があり、

2年の持ち越しが可能なので、

最長40日持つことができます

 

ちなみに、育休中も新たな付与はされるのが、

スタンダードみたいです

出産後の有休は貴重だと思うので、

そのことも確認しておくといいかも

 

今回の悪阻で、わたしは初っ端入院したので、

有休をとることはできませんでした…涙

 

②妊娠症状に関する休暇

色々な名称があるようなのですが、

つわり休暇だとか妊娠障害休暇、

妊娠症状対応休暇など、

全て同じものを指します

 

すなわち、妊娠による症状に対する

有休のようなもので、

1〜2週間分用意されてるようです

これは、妊娠ならではの休暇なので、

とれる環境であれば、とりたいですね

 

わたしは有休と同じ理由でとれませんでした…

 

③病気休暇

悪阻に限らない、病気に対応する休暇です

病気休暇は、医師の診断書により、

職場に申請する休暇で、

基本的には有休と同じで給与が貰えます

ただ、期間が限定されており、

わたしの場合は3ヶ月まででした

 

この病気休暇の期間を過ぎると、

④の休職に移るという流れが

一般的なのかな?と思います

わたしはそうでした

 

④休職

③の病気休暇との違いは、

診断書に留まらない、

医師による審査の可能性があること、

給与の制限、期間が長いこと、

雇用解雇等に繋がる可能性があること

が挙げられるかと思います


医師の判断によっては、 

数ヶ月、半年などの単位でとれますが、

給与は減給や無支給になる場合があります

このような場合には、

健康保険などから傷病手当なるものが

いただけるそうです

 

わたしの場合、妊娠による悪阻が原因なので、

産休まで休職をとる形になります

病気休暇3ヶ月+休職3ヶ月で

産休に入る予定です

 

悪阻で産休まで入院するという

パターンはかなりレアかと思いますが、

わたし自身がそうなってしまったので、

なくもないことかな、と思います

 

悪阻で休みをとるって、

すごく気が引けることなのですが、

なってしまったものは仕方ないと

腹をくくるしかありません

 

悪阻で苦しんでいる同志の皆さん、

今日も頑張りましょう

f:id:bo-ya119:20171103102815j:plain