読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネテモサメテモ

強がったポーズの女の子

妊娠と乾燥、そして…

入院してものすごく乾燥するようになった

もともとものすごい乾燥肌で
小学生のころから、足はつねに粉をふいていた

今になって調べてみると
尋常性魚鱗癬(ぎょりんせん)という、
皮膚病だったらしい

わたしはこれを、高校生の頃に
祖母に教えてもらったムヒソフトで解消した
毎日風呂上がりに塗ることで
尋常性魚鱗癬は現れなくなった

【第3類医薬品】かゆみ肌の治療薬 ムヒソフトGX 150g

【第3類医薬品】かゆみ肌の治療薬 ムヒソフトGX 150g

しかし入院して、以前以上に乾燥するようになった
どこがかというと、やはり脚が中心だ

以前は膝から下が粉をふいていたが
今や太股から膝から足の指まですべてが
真っ白になっている

ズボンの裏は剥げ落ちた皮で真っ白というありさま
ムヒソフトは半日しか効かない

どうにかならないかと
必死でググったが、保湿以外に
改善の道はないらしい

そもそも妊婦は乾燥しやすく
わたしは妊娠して10㎏近く痩せたので
もうカラッカラなのだとおもう

解決策はとにかく保湿の回数をこなすこと
朝昼晩保湿するくらいしかないらしい
(そんなの無理だろ!)

つまり諦めろということだとおもう

乾燥だけならまだしも
入院してシャワーを使うようになって
タムシをもらってしまった
もう最悪だ

俗にインキンタムシというやつで
わたしは太股の内側にできた
陰部周りにできるものをインキンタムシと呼ぶ

人によっては痒くてたまらないらしいが
わたしの場合はひたすら皮が剥けた

インキンタムシの原因は白癬菌
これが足にいれば水虫、
体にいればゼニタムシというが
どれも同じ菌が原因となっている

皮膚科か婦人科(女性の場合)にかかってもよいが
ネットで症状の写真を見れば
自分が何を発症しているかわかる

インキンタムシの場合、
カンジダと見分けにくいらしいが、
カンジダもカビ菌が原因となっているので
同じ薬が有効だ

わたしは前に
夫の水虫を治すために、
皮膚科で処方してもらった
ラミシールクリームを塗った

処方してもらったものも市販のものも
テルビナフィンを10㎎配合しているという点で
同じなので、同じ効果が得られるらしい

これを1日1回1ヶ月塗り続ければ
根本からよくなる
1週間でも見た目の上ではよくなる

たかが皮膚病で
皮膚科や婦人科で股を広げたくない!
という女性には(たぶんほとんどがそうだとおもう)
この方法をおすすめしたい

ちなみに原因が
タムシでもカンジダでもなくても
塗ったとして問題はないそうです

これが効かなければ医者へGO!

【指定第2類医薬品】ラミシールATクリーム 10g

【指定第2類医薬品】ラミシールATクリーム 10g

あと、今後の予防として
ティーツリーというアロマが
皮膚への抗菌作用をもつらしいので

ボディショップのボディウォッシュを買った
まだ使ってないけど
匂いがきついらしい
においづわりの妊婦には辛いかもしれない

においづわりがマシになったら
水虫の夫と使います